*

好きなものはしょうがない。

公開日: : 映画とか脚本とか

P8310207

皆さんこんにちは。
「わかりにくい」を「わかりやすく」伝わる漫画、今谷鉄柱です。

周りの評価は最低なのに
大好きでたまらないものってありますか?


連休最後の日、どうお過ごしだったのでしょうか?
なんてFMラジオのようなセリフで今回も始めてみました。

20代の頃、FMラジオのDJの話す内容に
いちいちキレていたことを思い出します(笑)

あのおしゃれゲナ、皆さんこれが理想のシティーライフ!ってな
押し付けが・・・・・と、また20代の頃のように
むかついてきました・・・・。
じゃあ、聴くなよって話なのですが・・・。

まあ、あの頃、
時はバブルの絶頂時代。
しかし、世の中と反して
僕は人生一番の貧乏時代。
卑屈な言動も仕方ないってことで
大目に見てやって下さい(^^)

皆さんはバブルの頃
何やっていしたか?

両極を極めた女


で、今回は僕の空きな女優さんの話です。

今回は大好きな女優サンドラ・ブロックのことを書こうと思います。
前回の記事では彼女の新作のことについて書きました。
⇒前回の記事はこちらから

サンドラ・ブロックさん
『スピード』で一躍スターになり、
長いキャリアの中で最も金を稼ぐ俳優に選ばれたり、
ほかにもたくさんのヒット作に出演しており
いろいろ賞も受賞しているのですが、なかでも・・・

『しあわせの隠れ場所』って映画でアカデミー賞受賞、
その2日前には
同年公開の『ウルトラ I LOVE YOU!』で
誰も貰いたくない賞、
ゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞と
最低スクリーンカップル賞を受賞
・・・・・・・という両極の賞を受賞という快挙も
成し遂げています(?)

皆さんだったらその最低映画に選ばれた式典に出席しますか?

ラズベリー賞の方は授賞式にもその受賞作のDVDトラックに積んで出席し
「どうせ誰も見てないんでしょ!!」と言って大喝采を受けたそうで・・・・・。

私の愛する最低映画


その最低映画に選ばれた『ウルトラ I LOVE YOU!』

実は僕は大好きな映画なんです。
と言うか正確に言うと愛してる映画です。
確かにサンドラ・ブロック演ずる主人公は
ちょっと気持ち悪いんですが
イタイくらい純粋なところが僕にとっては
可愛らしくてしょうがないのです。

何回見ても気持ち悪くも爆笑しつつ愛らしく感じる
一番好きなシーンが・・・・・・・・

主人公が大好きな彼を見つけて
手を振りながら走り寄るシーン。

モゾらしい~


はたから見たら気持ち悪い。
しかし本人からしたら最高にこうふんしているんだから
あの表情、気持ち悪さは仕方ないんです。

『モゾらしい』宮崎県北部の方言で
ブスかわいいとかいじらしくも可愛い・・・みたいな意味です。
まさにこの映画のサンドラ・ブロックは
モゾらしい・・・・のです。

まあ、最低映画に選ばれたぐらいですから
そんな風に感じるのはきっと少数なのでしょうが・・・。

大ヒットした『ゼロ・グラビティ』では
メチャ勇気もらったし。
サンドラ・ブロック、今後もいかけていきます!

興味を持たれた方がいたらぜひ、
『ウルトラ I LOVE YOU!』御覧ください。
つまんなかった時の保険として
サンドラ・ブロック主演で大ヒットした『ゼロ・グラビティ』とともに
レンタルしたほうがいいかもしれません(笑)

それでは皆さん、本日も最後までありがとうございましたm(_ _)m
「わかりにくい」を「わかりやすく」伝わる漫画、今谷鉄柱でした。

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

葛藤を集める。

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」、伝わる漫画:今谷鉄柱です。 皆さんお元

記事を読む

物語を作る人必見!王道の勉強法

漫画や映画の世界での 王道の勉強法について・・・・ シナリオの師匠が 教えてくれた

記事を読む

一粒で二度美味しい

一粒で二度美味しい なんてCMコピーが 昔ありました。 日

記事を読む

新世界へようこそ・・・

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」伝わる漫画、今谷鉄柱です。 皆さん連休の中日、

記事を読む

【キャラクター作りの公式】をプロフィールに5

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」、 伝わる漫画、今谷鉄柱です。 プ

記事を読む

中畑監督と「ONCE AGAIN」と「サウスポー」と私

どうも、冷静に見ると 最近、心が 弱っているご様子 ・・・・・・て感じの自分。

記事を読む

好きな女優さんシリーズその2

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」、 伝わる漫画、今谷鉄柱です。 前

記事を読む

信頼する人の視点、意見を聴く

面白かった映画、 つまらないと感じた映画、 それらに対する 自分が信頼

記事を読む

意表をつくアイデアの作り方

昨日の記事の続き。 ドラゴン桜で有名な漫画家の 三田紀房さんから 十数年前にお聞き

記事を読む

またまた寅さんについて

昨日の記事で「男はつらいよ」について書きました。 その記事はこちらより 寅さんと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑