*

超簡単、物語を作る「W」の型:その4

IMG_3088

前回の記事で
エピローグとプロローグは
「対」で!
とお伝えしました。


では、物語の最後を飾る
エピローグは
どんなストーリーが
語られるでしょうか?



前回の記事の
星野リゾート社長様の
ストーリーでいうと
最後はプロローグで出てきた

《老舗旅館の立て直しに
 兆しが見えた》

というシーンを見せ、

その立て直しに成功した星野は
新たな旅館立て直しへと
向かうのであった・・・・と、
颯爽と次の現場に向かう
星野氏の背中を追うシーンに
エンディング曲がかぶさり・・・・



・・・・・的な終わり方をするのです。



これがあると
「あ〜〜〜星野さんは
 新たな立て直しでも
 社員を尊重して
 またうまくやるんだろうなあ・・・・と
想像が膨らむわけです。



未来への旅を脳内で
一緒にするというか・・・



こういう感じで終われると
その主人公:この場合は星野さんに
感情移入してしまうわけです。



4回にわたってお伝えしてきた
「W」の型


是非皆さんも
ご自身の魅力的な物語を
作ってみてください!!



あなたの
伝えたい想いを
物語に載せて。



そんなお手伝いを
させていただきたい!と
念っています。

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

成功への物語と成熟への物語

この日曜日に 数名の方の前で 物語の構造とかについて お話をさせていただきました。

記事を読む

またまた「1万人に1人」の本より

本日も オススメしてもらった 『女子高生サヤカが学んだ 「1万人に1人」の勉強法』

記事を読む

ガラじゃないけど「志」の話

昨日は600人以上の 経営者、企業家の方の 話を伺ってきたTさんと久々の再会。

記事を読む

超シンプル:物語作りの「W」の型:その3

ここのところ 人の心を動かす 物語の作りに使える 「W」の型について お伝えして

記事を読む

自分の物語のジャンルを決める

前回 部屋の掃除について書きました。 なんとなくですが 集中力が 増した気がしており

記事を読む

これ大事!と思ってること。

最近は PR用漫画小冊子、 商品説明用漫画小冊子、 社史、会社紹介用漫画小冊子 など

記事を読む

バレンタインだからという訳ではないでが・・・・

バレンタインデー だったからって訳では ないですが・・・・・・ 大好きな方

記事を読む

「誰から買うか?」「Know Who」の時代

「わかりにくい」が 「伝わる!」に。 ハテナ・バスターズ 今谷鉄柱です。

記事を読む

人のために動く人

今日のパーティーの主催者の方は 今年、私にたくさんのお客様を 紹介してくださった

記事を読む

「気づいた」ら、これを欠かしちゃダメ!!

またまた一昨日、 聴いたお話の中から。 「気づき」とは?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑