*

今の仕事の原点:ある女性の人生を描いてわかったこと



 

 

現在の私は

 

 

個人、家庭、会社、社会にある、

残すべき物語を

漫画という形で残し

喜んでいたく。

 

 

・・・・という仕事をしています。

 

 

 

残すべき物語とは

その物語を読む人が

元気になったり、

生きる勇気がもらえたり、

エールをもらえたり、

自分に誇りを持てたり、

幸せな気持ちになれたり、

 

 

 

そんなことを

受け取れる

物語です。

 

 

 

なぜこのようなことを

考えるようになったのか?

 

 

 

ある女性との出会いが

きっかけになりました。

 

 

 

その女性は

三浦海岸の老人ホームに住む女性で

私が三浦を訪れたとき

道を尋ねたことがきっかけで

知り合いました。

 

 

 

道案内の道すがらその方と

話が盛り上がり

文通をするようになり、

私の漫画が出版されるたびに

送っていたらある日電話で

 

 

 

「残してる葬式代

 あなたに渡すから

 旦那と私が

 どうやって生きて来たか

 漫画にしてくれない?」

 

 

 

そう言われました。

 

 

 

迷ったのですが

色々とお話を伺って

その仕事を

引き受けることになりました。

 

 

 

その方のお話を伺うため

週刊連載の合間を縫っって

2週間に一回

三浦の老人ホームに伺っていました。

 

 

 

そこで驚いたのが

これまでの人生で体験した

エピソードの数々の内容とその濃さ!!

 

 

 

これが自分の母や祖母だったら

より一層、

母と父を誇りに思える

・・・というような

エピソードの数々だったのです。

 

 

 

この女性、

私と文通したくらいですから

お孫さんにも毎月

お手紙を書いています。

 

 

 

しかし、

私に聞かせてくれた

数々の感動的なエピソードを

伝えてはいなかったのです。

 

 

 

「改まった席でもないと

なんか話せないでしょ?」

 

 

 

それが「なぜ伝えてないんですか?」と

私が問うた時の答えでした。

 

 

 

漫画を作らなければ

消えて無くなったかもしれない

感動的なエピソードの数々を

漫画という形で残せた・・・・。

 

 

 

しっかりと

お子様、お孫さんたちに

伝えられた。

 

 

 

この部分に

私は本当に感動しました。

 

 

 

 

大げさにいうと

何か使命を果たした気がしのです。

残すべき物語を残せたと・・・。

 

 

 

航海に出ると何ヶ月も帰れない

船に乗る船長という仕事柄

ご自身のことを

お子さんたちに語れなかった

亡き旦那様の

ことが少しでも伝えられたと

女性には喜んでもらえました。

 

 

 

お孫さんとはこの本をきっかけに

昔の話をする機会にも増えたと

教えていただきました。

 

 

 

きっとこの女性の人生の物語は

お子様やお孫さんが

これから生きていく上で

何らかの指針や支えになるでしょう。

 

 

 

こんな素晴らしいことに

漫画制作を通して関われ

本当に嬉しかったのです。

 

 

 

『残すべき物語』



残していくお手伝いがしたい!

この女性の人生を描く仕事を通して

考えるようになったのです。

 

 

で、話はここからまた

新たな展開を見せます。

 

 

 

この女性がたまたま

ものすごく感動的で

ドラマチックな人生を

送ってきていたのか?

 

 

 

彼女が特別な人だったのか?

 

 

 

それは違っていました。

・・・・長くなりましたので

この続きは明日また書きます。

 

 

 

伝えたい想いを

物語に載せて。

 

 

 

そんなお手伝いを

させていただきたい!と

念っています。

 

::::::::::::::::::

 

  • これまでの仕事
キンドルにて発売中の本などはこちらより

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WORKS:まとめページ



 

  • 物語作りの型を使ってプロフィール作り、
商品開発ストーリーなどを作ることに興味のある方へ

そのあたりの記事をまとめたページを作りました。

是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://itmanga.com/post-3712/

 
  • 漫画チラシ紹介ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

漫画で名刺、チラシデザイン



 

::::::::::::::::::

 

 

追伸:

「号泣する講座」と言われている

城ノ石ゆかりさんの

4nessコーピング基礎講座を漫画で追体験できるのが

新刊「感情しくみ」。

な、なんと発売する3ヶ月経って

丸善書店、ビジネス書部門1位に再度急浮上!!!

嬉しいーーーーー!!

 

書籍、アマゾンでの購入は以下より

【マンガでわかる

仕事もプライベートもうまくいく

感情のしくみ】

監修:城ノ石ゆかり 漫画:今谷鉄柱

実業之日本社刊

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

サンプル小冊子のダウンロードは以下よりどうぞ!!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

本当に本当に・・・・・・・ありがたい!

本日は 朝から嬉しいお電話。 おこしやす。 みなさま ご商売をされて

記事を読む

だらだら動画を見てしまったら、無理やり仕事に生かす!

心揺さぶるや〜〜〜ん!! ※ブラマヨ小杉さん風 島田紳助さんがやっていた

記事を読む

打ち合わせ放浪記

久々の外出。 出先での 隙間時間。 仕事ができる 快適なスぺースがみつか

記事を読む

あなたのプロフィールをもっと魅力的にする【ドキュメンタリーの型】02マンガ小冊子PRO

昨日は『あなたのプロフィールをもっと魅力的にする』 という目的で『ドキュメンタリーの型』を

記事を読む

「感情を描く」ってなんや?

      漫画を作るとき、 大きく分

記事を読む

両極に振る

【覚書】 物語をより深いモノ、味わい深くするモノが 【両極を使う】ということ。 バ

記事を読む

超簡単:自営&フリーランス、プロフィールの型

もうちょっと、自分のこと、 どんなの想いでこの仕事に 取り組んでいるのか?

記事を読む

その人が今の仕事をする理由:インタビュー中、涙。

本日は司法書士のB先生と 打ち合わせ。 その方が今、 取り組んでいる仕

記事を読む

話をコントロールしているのはどっち?

昨日は 多摩経営者連盟様より 講演会のご依頼を いただきました。

記事を読む

因果は巡る・・・最初の小さいほころび

昨日観た映画。 「バリー・シール/アメリカをはめた男」 実際は アメリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑