*

人生脚本のリライト



物語・・・作るの苦手

と思っている人でも

実は知らず知らずのうちに

人生の中で

物語を作っています。

 

 

 

有名なのが人生脚本といわれるもの。

人は「自分の物語はこういうものだ!」と

決めているそうです。

 

 

 

その人生脚本ってやつは

 

 

 

「どうせ私なんて」

とか

「さすがおれ!」

とか

「やっぱりこうなるんだよ!俺の人生」

とかって独り言や心のつぶやき

 

 

そして、

 

 

その人が

大好きな物語から

想像できるのです。

 

 

 

例えば

艱難辛苦の成功物語が好きな人は

自分の人生にも困難を

引き寄せがちな人生脚本を持っている

・・・という風に。

 

 

 

このように知らず知らずのうちに

自分の中に持っている物語に

支配されているとも言えるわけです。

 

 

 

怖いのが

自分が好きな物語のパターンを

人生に引き寄せているとか

独り言やつぶやきが

人と違って自分独自のものだということに

なかなか気づけないことです。

 

 

 

しかし、逆にいうと

それに気付きさえすれば

振り回されていた

自分が好きで取り入れてしまった物語を

《変更することが可能》なのです。

 

 

 

あなたが

当たり前だと思っている

思い込みや口癖、

そして自分がやりがちな

パターン=物語はどんなものがありますか?

 

 

また新たな物語を取り入れるとしたら

どんな物語がいいですか?

 

 

伝えたい想いを

物語に載せて。

 

 

 

そんなお手伝いを

させていただきたい!と

念っています。

 

 

 

:::::::::::::::::

::

:::::::::::::::::: :

 

  • これまでの仕事
キンドルにて発売中の本などはこちらより

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WORKS:まとめページ



 

  • 物語作りの型を使ってプロフィール作り、
商品開発ストーリーなどを作ることに興味のある方へ

そのあたりの記事をまとめたページを作りました。

是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://itmanga.com/post-3712/

 
  • 漫画チラシ紹介ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

漫画で名刺、チラシデザイン



 

::::::::::::::::::

 

 

追伸:

「号泣する講座」と言われている

城ノ石ゆかりさんの

4nessコーピング基礎講座を漫画で追体験できるのが

新刊「感情しくみ」。

な、なんと発売する3ヶ月経って

丸善書店、ビジネス書部門1位に再度急浮上!!!

嬉しいーーーーー!!

 

書籍、アマゾンでの購入は以下より

【マンガでわかる

仕事もプライベートもうまくいく

感情のしくみ】

監修:城ノ石ゆかり 漫画:今谷鉄柱

実業之日本社刊

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

お客様の声

    昨日、大阪の繁華街で 当事務所で漫画小冊子を作

記事を読む

4nessコーピングの書籍、いよいよ佳境&今後のお仕事

部長生活10日目。 ↑↑↑↑ 強豪校の部活の部長、キャプテンのように 一年間で私も

記事を読む

勝手に感じた「雰囲気」「流れ」に一喜一憂しない

状況によって 一喜一憂するのは仕方ないこと。 でも、その 一喜一憂している

記事を読む

語らず、受け手の解釈に任せる

    〜崇高な取り組み〜 【語らず受けての解釈に任せ

記事を読む

継続未体験ゾーンという娯楽

みなさんは 毎日続けていることが ありますか? 昨日、 コーチをされてい

記事を読む

今回の仕事。

これから取り組む仕事でも取材で、ベトナム、シンガポール、カンボジアのいずれに伺います。 昨

記事を読む

自分で分解、構築して身につける:あるセリフの構造

筋道を理解して 一つ一つやるべきことを なしていく。 昨日見ていた

記事を読む

脳みそ開墾

脳みそ開墾事業進行中 昨日は思考法のレポートを 熟読していました。

記事を読む

前置きを排して現場から描く

  映画でも漫画でも小説でも ドラマでも人の話でも  

記事を読む

アホな妄想

コンビニで電子マネーでなく、 現金使う人はバカだとかなんとか。 そんな話題をネット上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前記事
緊張と緩和
次記事
縁は異なもの
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑