*

会社の物語に必要な「自社を〇〇化する選択」



 

 

 

会社の物語を描く時

当然の様にメインで描くのは

創業者のであったり

サービスであったり、

商品であるのですが

 

 

 

読み手、

その物語の受け手と想定する方が

「自分の物語だ!」

「主人公は自分だ!」と

思ってもらわなければ

ただ会社の情報を伝えるだけの

物語となってしまいます。

 

 

 

会社の歴史、

創業者の想い、

商品、サービスなどをメインに描くのに

どうやってそれができるのか?

 

 

 

それは読み手の

「悩み」「苦しみ」「願望」を

解決し、叶える援助者としての役割に

会社を置いて描くのです。

 

 

 

強くなりたい悟空の

願望を叶えた

亀仙人の役割を会社が担えばいいのです。

そう、タイトルにある

「自社を〇〇〇化するという選択」

というのは「亀仙人化」です。

 

 

 

これは

物語を届けたい相手が

お客さんではなく、

社員さんの場合も同じ。

 

 

 

まずはリクルート中であれば

社会で叶えたい夢、

それも物理面ではなく

やりがいなどを

叶えられるのがこの会社だ!と

思ってもらい、

それを会社の風土、理念が援助してくれる!

・・・と感じてもらう。

 

 

 

そして

会社に入ったのちには

会社が援助者として社会で

行なっていること、

社会に「善なること」を提供している物語の

登場人物だとご自身が感じてくれれば

社員さん&スタッフ、

そして会社、双方がハッピー。

 

 

ディズニーみたいに。

 

 

 

お客様へ

はたまた

共に働く仲間へ

 

 

いずれの場合でも経営者や会社の思いを

しっかりと伝えられる物語をつくれるよう

事務所一同

日々研鑽をつんでまいります。

 

 

 

伝えたい想いを

物語に載せて。

 

 

 

そんなお手伝いを

させていただきたい!と

念っています。

 

 

 

:::::::::::::::::

::

:::::::::::::::::: :

 

  • これまでの仕事
キンドルにて発売中の本などはこちらより

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WORKS:まとめページ



 

  • 物語作りの型を使ってプロフィール作り、
商品開発ストーリーなどを作ることに興味のある方へ

そのあたりの記事をまとめたページを作りました。

是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://itmanga.com/post-3712/

 
  • 漫画チラシ紹介ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

漫画で名刺、チラシデザイン



 

::::::::::::::::::

 

 

追伸:

「号泣する講座」と言われている

城ノ石ゆかりさんの

4nessコーピング基礎講座を漫画で追体験できるのが

新刊「感情しくみ」。

な、なんと発売する3ヶ月経って

丸善書店、ビジネス書部門1位に再度急浮上!!!

嬉しいーーーーー!!

 

書籍、アマゾンでの購入は以下より

【マンガでわかる

仕事もプライベートもうまくいく

感情のしくみ】

監修:城ノ石ゆかり 漫画:今谷鉄柱

実業之日本社刊

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

物語の冒頭部分には何が詰め込まれているか?

映画などを見ていて どんどんその作品に のめり込んで行くもの と そうでない

記事を読む

型が通じない時

目の前の仕事と自分の課題が リンクすることがあります。 リンクすると 自然と良

記事を読む

「アイデアは才能では生まれない」

「アイデアは才能では生まれない」 これは昨日 山口でのセミナーに登壇した 美崎

記事を読む

問診表、診断書をもっとわかりやすく、楽しく01

取材中の強い味方ICレコーダー君 去年からお待たせしていた歯医者さんとの打ち合わせ。 楽

記事を読む

他人の頭を借りるのだ

皆さんは 発想を広げるときに どういう風にしていますか? どういう

記事を読む

コレで伝わる:想いの交通整理法

言いたいこと、 伝えたいこと、 これが伝わらん!!と 思われている方に。

記事を読む

じわっと嬉しい時

      この仕事をしていて じわー

記事を読む

フリーランスのためのテンション&高揚感との付き合い方

おとといの テンションの上がった 二人会議。 その時感じた熱は もうすっ

記事を読む

選択肢、何処まで増やす?

選択肢が多いほうがいい。 でも、多過ぎてもだめ・・・らしい。 有名な実験

記事を読む

物語作りの道具箱

物語作りの道具箱です。 色々参考にしてください。 ●物語をビジネスに活用する方法

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑