*

ブランドストーリー構築講座0期【断言:一生モノの技術ですよ】

公開日: : 最終更新日:2019/07/04 コンテンツ&ストーリーマーケティング, 物語の型



 

ブランドストーリー構築講座を開催します←受付終了しました。ありがとうございます。

 

ブランドストーリー講座の0期を開催します。

 

ビジネスのコンセプトを明確にする【ブランドストーリー】を作る3ヶ月間の講座です。

※エンターテイメントのストーリーを作る講座ではありません。

 

本講座ではまずあなたの【ブランドストーリー】を作ります。

そして、その創作実践の過程を通しストーリーの「作り方」と「使い方」を身につけていただきます。

創作したストーリーへのフィードバック、そして修正・・・・・・その繰り返しを通してストーリーを自由自在に創り、利用する力を手に入れていただくことを目的とした講座です。

 

なぜ、ブランドストーリー講座?

ビジネスで使える「ストーリーテンプレート」的なものはよく目にしますが実際にそれを使い作る講座がないということで知りたい方がいるのでは!?と思った次第です。身につけば一生モノの技術です。

 

講座の講師は?

講師はこの記事を書いている今谷鉄柱です。

漫画家歴28年。25年以上漫画の仕事で生活しています。

書籍の漫画化作品も多数あり、他人のコンテンツをストーリーにしています。

これまでの発行部数は国内外を合わせて80万部。現在は上場企業様などのブランドストーリーをインタビューをもとに制作する仕事もしております。その全てがご紹介でいただいたお仕事です。

 

そもそも「ブランドストーリー」って何?

ブランドストーリー」の詳しい内容についてレポートを作っております。この記事の下にあるメールアドレスに「レポート送れ」とメッセージください。「ブランドストーリー」の詳細、作るためのテンプレートなどを記載したレポートお送りします。

 

講座内容は?

語学では文法、単語を知っているだけでは会話ができるようにならないように物語も型や構成を知っただけでは相手の心に伝わるストーリーは作れません。

 

語学でも伝えるために会話の実践が必要なようにこの講座でも実践を重視します。

カリキュラムのほぼ全てを第1回目の講義でお伝えし、すぐにストーリー作りに取り組んでいただきます。

そしてあなたが作ったストーリーに対するフィードバックをもとにストーリーを磨き上げていく・・・・といった内容となっています。

 

開催日程

●時間:各回とも13:30〜18:00

第一回:2019年7月6日(土曜日)

 ※1日目にストーリー作りに必要な知識、方法の大枠は全てお伝えします。

  以下に提示しているカリキュラム10までをお伝えする感じです。

  次の日から創作とリライトに取り組み実践的な創作力を身につけながら

  最終講座開催日にむけブランドストーリーを完成させていきます。

第二回:2019年8月3日(土曜日)

 ※カリキュラム11とフィードバックを中心にした講義となります。

第三回:2019年9月7日(土曜日)

 ※フィードバックをもとに完成させる。完成したブランドストーリーの

  リユース方法をお伝えします

 

申し込み締め切り

2019年 7月 2日 23時59分

 

定員

定員10名

※定員になり次第締め切り(あと3名)

↑   ↑   ↑  ↑      

受付終了しました。

 

会場

会場はいずれも都内となります。参加の者の方にお伝えします。

 

講座のカリキュラム

 

1:ストーリーの原型を知る:ストーリーの3つの型

2:ストーリーに必要な三つの要素を決める

3:ブランドストーリー創作の手順を知る

4:ストーリーのゴールを決める

5:主人公を知る/顧客リサーチ方を身につける

6:あなたのキャラクターを決める

7:ストーリーをパワフルにする心理テクニックを身につける

8:挫折しない創作マネイジメントを理解する

9:オープニングとコンセプトを決める

10:「ブランドストーリー」の各項目のリストアップ

11:リライトのやり方を知り完成させる

12:ブランドストーリーを使い倒す/リユースの方法を知る

 

参加特典

 ★特典1

・講座費用30万円(税別)のところ

 0期オープニング価格として

 18万円(税別)でご参加いただけます。

 

★特典2

・講座開催中はいつでもオンラインで第一回目の講座内容をチェックできます。

 講座内容を確認しながら創作を進めることができます。

 

★特典3

・講座開催中は質問メールし放題です。

 ブランドストーリーを作っては提出&フィードバック、それを繰り返し

 ブランドストーリーを完成させます。

 

★特典4

・今谷が実際の書籍やレポート、お客様のために作った【ブランドストーリー

 の中でどんな心理テクニックを使っているのか?

 また、構成の意図などを解説したレポートを講座中にプレゼント。

 より深く創作について知ることができます。

 

★特典5

・1時間の個人コンサルを1回無料で提供:通常3万円

 講座の第一回目までに1時間の個人コンサルを行います。今の仕事に必要な

 【ブランドストーリー】についてアドバイスいたします。

 

★特典6

・イラスト5点プレゼント:通常5万円

 希望者の方には出来上がった【ブランドストーリー】に付け加え

 より伝わりやすくするイラストを5点、無料でプレゼント

 

★特典7

・5ページの漫画制作を半額で制作

 希望者の方に講座で作った【ブランドストーリー】に5ページ分漫画を

 通常価格20万円(税別)を半額の10万円(税別)でご提供いたします。

 

★特典8

・完全返金保障

 第1回目の講座を受けていただいた時点で「自分には合わない」

 「得られるものはない」そうお感じになればキャンセルを申し出てください。

 キャンセルさせていただき、速やかに全額返金させていただきます。

 

以上が0期に参加された方への特典となります。

 

今回の意気込み

この講座はご自身のビジネスに「ストーリーの力をもっともっと導入したい!」そう本気でお考えの方と「出会えたらいいなあ〜〜」という今谷の想いから開催を決めました。

ストーリー作りは「テンプレートを覚えればそれでOK」ってわけには行かない部分がたくさんあります。

ですからテンプレや基礎知識をいう共通認識の上にストーリーを作り続けていく修練の時間が必要になります。

結構、講座期間中は大変な講座になると思います。なので、参加してくださる方も少ないはず・笑&涙。

 

ですが、たったお一人でも参加希望の方がいれば開催します・・・・・と思っていたらすでに募集枠、残り3名様となりました。

 

きっと投資金額分は充分回収できるはずです。

 

 

申し込み方法

imatetumanga■gmail.com (■を@に変えてメッセージをください)

上記のメールアドレスに「参加希望!」を件名として

お名前、メールアドレス、電話番号をご連絡ください。

振込方法など詳細を返信します。

 

個別面談スケジュール

本当に役に立つのか?

そうお思いの方に向けZOOMによる個別相談会も開催します。

以下の日程からご都合の良い個別相談候補日時を1〜3件送りください。

希望日時のメールをいただき次第、個別相談の日程を決定しご返信します。

 

「文ランドストーリーの教科書」プレゼント!!

以下のメールアドレスに「プレゼント送れ!」とメッセージください!

imatetumanga■gmail.com (■を@に変えてメッセージをください)

 

ストーリーを修練する時間は産みの苦しみを味わう時でもあります。しかし、そんな時間を経て手に入れる技術は様々な場所で応用の効く一生モノの力です。

 

皆様のご参加をお待ちしています。

 

以上、講座のお知らせ&レポートぷれぜんとのお知らせでた!

::::::::::::::::::::::::::

 

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

プロモーションに使える物語の型

  本日PR用の漫画を 2本納品しました。  

記事を読む

《説得》じゃなくて《納得》を

  昨日の記事では 【繰り返し伝えろ!】 ということを書きました

記事を読む

キャラを立てる重要性

      調布の布多神社に行きました。

記事を読む

悪人を描く

    アメリカのドラマ「24」の 第8シリーズの悪人

記事を読む

物語の原体験

  昨日 友達が5ヶ月の赤ちゃんとともに 訪ねて来てくれました。

記事を読む

今の仕事のやりがい

      自分の考えを整理できた!

記事を読む

まず、王道ありき

映画を見るときにやるのが 事前に手に入る大体の設定を元に ・どんなテーマを描こう

記事を読む

才能は呪い

      「才能は呪い」という残酷な物語。

記事を読む

シリーズ4:物語をビジネスに活かす【実際使った型】

★いよいよ発売日が迫ってきました!! 発売前の盛り上げ行動まだまだ継続中!! まだご

記事を読む

物語は人との出会いで転がって行く

    物語では しばしば 出会いが描かれます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑