*

漫画冊子長崎取材01

漫画小冊子PRO-0012

長崎の鶴田歯科の取材で聞いたお話

鶴田歯科医院のスタッフはそれぞれが皆、誇りを持て働いる。
そして患者さんのファンが多い。
それが毎日70人以上の予約で埋まる大きな力になっている。

なぜそのような状況が生まれたのか?

そこにはある一人の先輩歯科衛生士の存在がある。

その方をかりにAさんとする。

Aさんの彼が仕事でアメリカに行くことがきまる。
その時Aさんは大いに悩む。
自分には毎月通ってきてくれる患者さんが何十人もいる・・・。

悩むAさんに院長が背中を押す。

アメリカ行きを決めたAさん。それを患者さんに発表するとその日から毎日毎日患者さんが別れを惜しんでひっきりなしに歯科医院に訪れる。

手を取り合って泣くシーンが何度も繰り返される。

そして最後の2日間。押し寄せる患者さんでAさんは仕事どころではなくなる。

院長は「もう仕事はいいから患者さんとしっかり思い存分話しておいで」と待合室に送り出す。

診療時間が合わるとスタッフルームにある10何段んもある階段は患者さんからの花やプレゼントで埋まってしまう。

そのAさんと患者さんたちの姿を見た後輩のスタッフは感動する。
「自分たちの仕事ってこんなに素晴らしいしごとなんだ・・・・」

その時に感じホコリとどれだけ患者さんとしっかり向き合って
思いやりを持って仕事をしてくのかというハードルの高さが
鶴田歯科医院のスタッフそれぞれの胸にある。

それが多くのファンを持つスタッフが何人も存在する原動力になっているのであろう。

鶴田院長が歯科衛生士を目指す方々の前でこのエピソードを話すを多くの方が感動し、自分のこれから生きていく世界へのやりがいを胸に宿す。

たった一人の仕事への取り組みは多くの人の仕事のやり方、生き方までに大きな影響力を与える。

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

物語の様々な使い道

  物語の様々な使い道。     &n

記事を読む

マンガ冊子の取材で長崎に行ってきました。

長崎の鶴田歯科医院様に取材に行ってきました。 ここの鶴田博文院長は小冊子をご自分で5冊も書

記事を読む

人は何に動かされているのか?

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」伝わる漫画、今谷鉄柱です。 前回の記事で

記事を読む

締め切り・・・その偉大なる力!!

明けて本日は ニュースレター制作日。 同じく ニュースレターを作ってい

記事を読む

脱稿

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」。 伝わる漫画、今谷鉄柱です。 この

記事を読む

こんなもん、誰も読まないよぉ~~

読んでくれる人だけが反応してくれればいい。 「そんな長いセールスレター、誰が読むの?」

記事を読む

12のステップ

今依存症のからの回復を支援する団体の方々と 一緒に漫画を作っています。 その団体の代

記事を読む

緊張と緩和

      桂枝雀さんが言ってた 笑い

記事を読む

何が表現したいのか?

      いつも物語のことを 考えて

記事を読む

この角の先には・・・・なんと・・・

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」伝わる漫画、今谷鉄柱です。 皆さんお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑