*

物語「W」の型:健康センターのヒーロー編

IMG_3077


久々にTVがある生活。



やばいですね。
意志の弱い私は
当然のごとくだらだらと
観続けてしまいます。



でも、
TVって興味を
引き続ける仕掛けに満ちています。
そういう目で見ると
発見がたくさんあるものです。



「なんで心引かれるか?」って視点を
いつも持っていると
何やっていても
将来仕事になるのかもしれませんから
いいのかもしれません。



そもそも漫画なんて
「いつまでやってるの!!」
と言われるものの代表作。



それも
「なぜやめられん?」という
視点を持っていたら仕事に
なるんですから・・・・。




で、今日見続けていた
バラエティ番組での
ワンコーナー。



元戦隊ヒーローをやっていた
役者さん4名を中心に結成された
5人組のムード歌謡グループの特集を
やっていました。



同時期に同じ戦隊モノで
ヒーロー役をやっていた仲間からは
すでにスターとなっている人たちが
たくさんいます。



20代で戦隊ヒーロー役をやり、
その後はバイトを続けながらの
俳優人生。



ムード歌謡の活動に活路を見出した
5人は、最初はキャバレーを
主な舞台として活躍を始めます。



TVでも取り上げられ、
これからは順風満帆か!?
・・・・と思われましたが
うまくはいかず年収2万円
・・・・・・という時代が続きます。


が、
それから5年。



彼らは現在、サラリーマンの年収くらいは
軽く稼ぐくらいまでになったそうです。



彼らに何が起こったのか?





戦う場所を変えたそうです。
キャバレーだった主戦場を
どこに変えたか?



それは健康センター。



健康センターには
ステージ付きの休憩所があり、
そこでステージをおこなうわけです。



彼らのグループ名は「純烈」



今では彼らが健康センターに出ると
立ち見も出て
300人くらいのファンが集まります。



中心は50代から70代の女性。
お客さんは公演中も握手したりできる
「純烈」のステージに大興奮。



みなさん幸せそうでっした。



・・・・・・
ここの短いドキュメンタリーにも
以前メルマガでお届けした
「W」の型が使われています。



そして、
「成功の話」

「失敗の話」
がうまく盛り込まれています。


「\」の部分
若い俳優が戦隊ヒーローものの
主役級の役を射止め
一緒に出ていた仲間も売れた!
「よし!俺も!!」・・・・と
なっても自分には声がかからず
辛いバイトの日々。


「/」
苦節10年以上。
あらたな活躍の場として見出した
ムード歌謡のグループを作る!
というアイデア。
TVでも取り上げられこれでいけるか!!と
思うが・・・・



「\」
そうそううまくはいかず
それからまた数年の
苦しい時期が・・・・・


「/」
しかし、健康センターという
活躍の場を見つけてブレーク。
今は熱烈なファンもいて紅白目指して頑張っている・・・・


まさに以前お伝えした
「W」の型で作られているわけです。



そして
こういうグループを取り上げるとき、
どうしても
ひとかたまりで扱ってしまいます。
すると印象が薄まってしまうのです。


もちろんこの点も
工夫されていて
ちゃんとメンバー
一人一人のストーリーが
語られていました。



メインボーカルで
イケメンのメンバーは
戦隊ヒーローの役者になる前は
関取だった・・・・とか
「?」っていうエピソードが
盛り込まれていました。




「ついつい〇〇しちゃう」
・・・というところには
そうさせる何らかの意図が
あります。



それを探し出すと
そういう技が使われているかが
わかりまし、
自分でもその技を使えるようになります。



いろんな部分で
「つい〇〇しちゃった」
ということを
今後も
意識化していきたいと思います。




あなたの
伝えたい想いを
物語に載せて。



そんなお手伝いを
させていただきたい!と
念っています。

::::::::::::::::::::::::

漫画の一番の活用どころは


想いの共有。
社内文化の共有。
魅力的な自己紹介。

などです。



それを漫画、イラスト+文章、
ニュースレター、サイトの記事などで
提供しております。
求人広告などにも効果的です。



ご興味ある方は是非。
お問い合わせはこちらより

::::::::::::::::::::::::

★毎日配信のメルマガと
今まで制作した作品の情報は以下より
↓  ↓  ↓
::::::::::::::::::::::::

今谷連載漫画掲載中
4nessコーピング様の月刊会報誌
「コレポン」の情報は以下のサイトより。
4nessコーピングさまのHP
↓ ↓ ↓ ↓
4nessコーピング様のHPはここをクリック

主宰の城ノ石ゆかりさん
書籍「未処理の感情に気付けば、
   問題の8割は解決する」が2刷りとなり、
講座は満員、個人セッションも
全国から希望者が殺到中。

::::::::::::::::::::::::

■メルマガ『テツのツボ』毎日配信しています。
【テツのツボ】登録はこちら
(※つまんなかったらすぐ解除のできますよ^^)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■新発売!!■ 今谷鉄柱オリジナル短編集
『スケッチ』第1集
今谷鉄柱が描く普通の人々の日常にほんの少しの生きる勇気を与える連作短編集。
多く方から共感のお手紙をいただいた短編集がついにキンドルに登場!
『スケッチ』はこちらより

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■漫画制作に関して、他なんでも問い合わせ下部からどうぞ!
ただいま半額でのサービスをご提供中。インタビュー構成は
私今谷鉄柱が責任を持ち作画は
出版デビューの決まった当事務所の漫画家が担当します!
こちらについてもぜひ!!↓   ↓   ↓
問合せフォームはこちら

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■絶賛発売中 漫画で伝わるビジネス・創業ストーリー

新発売!今谷鉄柱が描く
想伝社、ビジネスマンガシリーズ第3弾
「インターバンク」創業物語。
赤裸々すぎる創業物語。どのようにして
両替業を成功に導いいたのか?起業にはどんなことが
待ち受けているのか?起業を目指す人必見です。
↓  ↓  ↓
『インターバンク創業物語』はこちらより

:::::::::::::::::::::::::::::::::

■新発売!今谷鉄柱が描く
想伝社、ビジネスマンガシリーズ第2弾
「陽はまたのぼる」創業物語。

「日本一過疎化が進む故郷を飲食で元気に!!」
その想いで誰もが「無理!」という状況の中
突っ走ってきた「感動のもの鍋処 陽はまたのぼる」。
創業者、氏田善宣氏と仲間たちの奮闘記。
大分に4店舗、第9回居酒屋甲子園では優勝など、
彼らの「故郷を飲食で元気に!」との想いが
実現していく姿を描いた創業物語。
「陽はまたのぼる創業物語」はこちらより

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

VOL.2『やる気を育てる物語〜やりたいことをやる人生』
二人の息子が高校受験を前に
兄「学校を辞めて海賊になる」と
弟「パチプロになる」と言い出したら
あなたはどうしますか?
そんな体験をした女性が
兄を世界の海をかける仕事に
弟はパチプロから見事医者へと転身させ
その子育ては母親も成長させプロコーチと転身させる。
勇気を与えたプロコーチのストーリーがついに漫画化。
子育て中でお悩みのあなたにヒントに!
『やる気を育てる物語』はこちらより
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Vol.1『俺のパン』
カンブリア宮殿でも紹介。
『無添加の焼き立てパン屋が全国で急増中!』
その仕掛け人、おかやま工房・河上祐隆氏の
社史&創業物語。

『俺のパン』はこちらより

続々アップ予定です。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」そして、そして、

サンプル小冊子のダウンロードは以下よりどうぞ!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

脳みそ開墾

脳みそ開墾事業進行中 昨日は思考法のレポートを 熟読していました。

記事を読む

物語作りとビリヤード

物語作りとビリヤードは似ている ・・・・と思うのです。   &n

記事を読む

自分の思いグセを相手にしない

締め切りがギリギリの状況なのに 生活パターンが崩れたり、 計画通りに 仕事を進めら

記事を読む

飄々と、淡々とミューズと毎日デートを重ねる

飄々と、淡々と・・・。 昨日久々に 進めようと思っていた シナリオ製作が

記事を読む

「強い」じゃなく「強靭」な会社

      あるグループ企業の会長さんの言葉

記事を読む

うつ病が3割減る・・・と言われる知識

嬉しい感想。 今月冒頭に発売した 【マンガでわかる  仕事もプライベー

記事を読む

自分の特性の活かし方

昨日は京王多摩センターへ。 多摩センターといえば サンリオピューロランド。 写真は券売

記事を読む

物語の中でのキャラの立て方

キャラクターを立てるとは? 今日は50年以上前の映画を観ました。 7年前

記事を読む

バレンタインだからという訳ではないでが・・・・

バレンタインデー だったからって訳では ないですが・・・・・・ 大好きな方

記事を読む

結局どんな順番で見せるか:構成の問題

    サッカーW杯。 日本は決勝リーグに進みました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑