*

人生脚本を書き換える

IMG_3180


人生脚本・・・・というものがあるとして。



皆さんはどんなドラマを自分の人生で
描こうとしているのでしょうか。



・・・・と言っても、
この人生脚本。
こういう物語にしよう!!と決めたのは
4歳とかの頃。



しかも
「自分で決めた」っていう意識もないので
自分がどんなドラマを選択したのか
ちょとやそっとじゃ、みつけられません。



ものすごくハッピーな物語を
設定していたらいいのですが
自分を苦しめたり、傷つける物語を
選択していたら・・・・・



考えただけでも恐ろしいですね。



どんなに意識的には
ハッピーに楽に幸せに
生きようとしていても
プログラム済みの人生脚本に
無意識に引っ張られ、
プログラム通りの苦しい
物語を歩むことになったりしたら。



幼い頃に無意識で選択した
人生脚本が気に入らなければ
それを書き換えねばならないのですが
これが厄介。



他人が見たら
変わっている・・・・ということも、
自分にとっては当たり前すぎで
思い込みとか、認知は気づけません。



では、どうやれば
自分の人生脚本に気付けるのか?



それは感情です。



何かに接して、
または
誰かを見て、



自分に湧き上がってくる感情が
自分の人生脚本に気づく
入り口です。



自分の中の
どす黒い部分や
恥ずかしい部分を
しっかりと認めて
見ていくことで
人生脚本に気付けるのですが
まあ、これはこれで
大変なのですが・・・・




現在取り組んでいる
夏に出版予定の本は


自分が
何を信じ、
自分の人生を通して
どのようなことを表現
しようとしているのか?



それに気づき
もっと人生をスムーズに送るきっかけを
見つけてもらう・・・という
趣旨の本です。



漫画化している自分が
いろんな自分のどす黒い部分、
こっぱずかしい部分と直面し、
見つめていくということにもなり、
かなりきつい作業を伴いますが



一人でも多くの方の
お役に立てるような
いい本を作ります!



ちなみに
私はかなり
【「悲劇のヒーロー」でありたい願望】が
強いようです。



そのために色々と身内を巻き込んで
迷惑をかけているという・・・・
・・・ああ、
恥ずかしいし、申し訳ない!!



即効で改めてたいです!!



夏の終わりに
みなさんの手に届きます!
お楽しみに!!



あなたの
伝えたい想いを
物語に載せて。



そんなお手伝いを
させていただきたい!と
念っています。

::::::::::::::::::::::::

■メルマガ『テツのツボ』毎日配信しています。
【テツのツボ】登録はこちら
(※つまんなかったらすぐ解除のできますよ^^)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■新発売!今谷鉄柱が描く
想伝社、ビジネスマンガシリーズ第2弾
「陽はまたのぼる」創業物語。

「日本一過疎化が進む故郷を飲食で元気に!!」
その想いで誰もが「無理!」という状況の中
突っ走ってきた「感動のもの鍋処 陽はまたのぼる」。
創業者、氏田善宣氏と仲間たちの奮闘記。
大分に4店舗、第9回居酒屋甲子園では優勝など、
彼らの「故郷を飲食で元気に!」との想いが
実現していく姿を描いた創業物語。
「陽はまたのぼる創業物語」はこちらより

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

私信:BさんCさんDさん、中博さんって方の話、聞きに通わない?

今回のブログは趣向を変えて 友達のBさん、Cさん、Dさんへ お誘いお手紙という形で

記事を読む

《will power=意志力》は有効に

時間に 余裕があるほど ハマる落とし穴があります。 皆さんは お勤めです

記事を読む

めちゃ重要!言葉の共通認識

おこしやす。 果物が美味しいですね。 朝は果物だけ お昼と夕食が ちゃんとし

記事を読む

観音遊び

ちょっと不思議な話。 今回は スピリチャルとかオカルトとか その手なの

記事を読む

『K.U.F.U.』積み上げれば大概良くなる

    先日嬉しいことが。   &nb

記事を読む

昔の自分に応援される

いつもありがとうございます。 電子書籍化した オリジナル短編集「スケッチ1」が

記事を読む

超シンプル:物語作りの「W」の型:その2

昨日のブログでは 人の心を動かす物語の作り方 「W」の型について お伝えしました。

記事を読む

人を操る

  以前ブログで 物語の構造を図にしたものを お見せしました。

記事を読む

伝えることで生まれる連鎖

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」。 伝わる漫画、今谷鉄柱です。 皆さ

記事を読む

勝手に感じた「雰囲気」「流れ」に一喜一憂しない

状況によって 一喜一憂するのは仕方ないこと。 でも、その 一喜一憂している

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑