*

漫画小冊子を売り上げに役立てるために~【USP】について05

漫画小冊子PRO-0019

【USP】についての第5回目です。前回は、自分が調べた【USP】の素材の中から一番お客さんにアピールしたら効果的なんじゃないか?という順番で素材に順位をつけると【USP】を作るうえでものすごいく役立つ素材のベスト版が出来あがるという話をいたしました。

今回はその【USP】を作る素材のものを使ってセールスレターを書くことについて書きます。

なお、漫画小冊子だったら、以前記事に書いたドキュメンタリー番組の型に当てはめるのが有効だということをかきました。

ドキュメンタリー番組の型についての記事の初回はこちら

【USP】というとドミノピザやM&Msチョコの例からキャッチフレーず的のものばかりがすぐに思い浮かびますが
そういうものばかりではありません。

新しい切り口や、斬新なオファーなど新しいメッセージも【USP】となるのです。それをセールスレターでしっかりと伝えられれば売り上げにつながるわけです。

例えばレストランを食事の場所という意味付け以上に、カップルのロマンチックなムードを再燃させるための場所ととらえそれのメッセージも【USP】となります。

ではどんなレター構成にするか?

自分の【USP】を他者に伝わるような形にしていくには?その具体例02


メッセージを伝えるにはしっかりとステップを踏まなければならないとダンケネディが言ってます。
人が購入、または行動を起こす、ステップは?
以下はダンケネディ著の『究極のマーケティングプラン』よりの抜粋です。(←名著です。ぜひご一読を!)

①ニーズと欲求、またはそのどちらかに気付く。
②そのニーズ、欲求を満たす「もの」を選ぶ。
③その「もの」をどこで手に入れつか選ぶ。
④その入手先の価格で納得する
⑤今すぐ行動しなくてはならない理由を見つける。

の順番だそうです。

このステップに沿って何をここで言わなければならないか?

そう考えるとおのずとレターの内容が決まってくるのではないでしょうか?

でもここまでに素材集めとかって、気が重くなりますよね・・・?
でもその重い腰を上げてやらねばと思います。

以下もダンケネディ著の『究極のマーケティングプラン』よりの抜粋です。

ダン・ケネディ発で、いろいろなコンサル方が言ってる【USP】を作るときにいつも考えなければならない質問が
『なぜこれだけたくさんの選択肢がある中で私のビジネス・サービス・商品を選ばなくてはならないのか?』です。

これに対する明確な答えがないとすると、今仕事が順調なのは競合がいない、立地が良い、値段が安い、、などのラッキーが重なっているだけかもしれません。もし【USP】を持った強力なライバルが現れたら・・・・・

やはり、やらねばですよね・・・・・汗。

次回はメッセージを届ける4つのステップについて私が体験した事例を書きます。
それではまた、次回。

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

想いを伝えるかたち

想いを伝える形。 漫画小冊子でクライアント様の想いを目的に沿って伝えたい方に伝える。

記事を読む

福の神と三つの福

伝えたいことをわかりやく。 伝わる漫画、 今谷鉄柱です。 前回の記事の続きです。

記事を読む

緊急事態&Nくんと見る夢。

本日のお休み みなさんは いかがお過ごしでしょうか・・・・ こんばんは

記事を読む

物語の様々な使い道

  物語の様々な使い道。     &n

記事を読む

人生は総合芸術

      「経営は総合芸術」 松下幸

記事を読む

どんな目的でも物語が利用できる訳

      現在同時進行で進んでいる仕事が

記事を読む

思い立ったが最後のチャンス

本日も終日机にへばりつき 漫画チラシと 社史漫画の構成。 社長さんだけ

記事を読む

マインドの部分、要は・・・・・

前回の記事では、 広告業界でキャリアを積んだ方が大事にしているマインドについて書きました。

記事を読む

出版以外の仕事もするようになったきっかけの物語:その2

      昨日のメルマガの続きです。

記事を読む

今回の仕事。

これから取り組む仕事でも取材で、ベトナム、シンガポール、カンボジアのいずれに伺います。 昨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑