*

漫画小冊子を売り上げに役立てるために~【USP】について06

公開日: : 漫画小冊子PRO マンガ小冊子PRO

漫画小冊子PRO-0020

昨日、メッセージを伝えるためのステップについて書きました。
以下の通りです。

ダンケネディ著の『究極のマーケティングプラン』よりの抜粋です。(←名著です。ぜひご一読を!)
人が購入、または行動を起こす、5つのステップです。

①ニーズと欲求、またはそのどちらかに気付く。
②そのニーズ、欲求を満たす「もの」を選ぶ。
③その「もの」をどこで手に入れつか選ぶ。
④その入手先の価格で納得する
⑤今すぐ行動しなくてはならない理由を見つける。

これに関して僕の事例を書きます。

①ニーズと欲求、またはそのどちらかに気付く


空港で10分200円のマッサージチェアを見つける。量販店では試しに座ったりしないのだが、旅気分もあり普段と違った行動を取ってしまい、座ってしまう。試すとなかなかにいい。しかも普段からものすごい肩こりがあること、そしてマッサージ代金もばかにならないことなどを思い出し、家でこれの体験が出来たらいいのになあ言う欲求がわいてしまう。

②そのニーズ、欲求を満たす「もの」を選ぶ


その欲求を満たすにはこのチェアが良いのか?それとも、もっと高品質のこれよりももっといいんのかいな?などと思うが、その場にはただ、200円で10分間のマッサージをするための機能しかないチェアがあるだけ。ものを選ぶまでにはいたりません。これがもしマッサージ中にパラっと観れるカタログなどあればそれ見てメモしたり、最高級品の情報とかあれば、後日量販店に行った時試していたかもしれません。これがもし、もとから量販店でマッサージチェアを試していれば全機種試すくらいの勢いになっていたかもしれません。

③その「もの」をどこで手に入れるか選ぶ


ここからは妄想です。
そのお試し中にものすごく肩こりに関して共通の痛みを持った店員の人がにこやかに話しかけてきて『肩こりってつらいっすよね~~』から『これのこういう機能がすごいんです、試してください』とか言って説明されつつ試していたら買うならこの人から…て気分がどんどん出てきます。

④その入手先の価格で納得する


それからリアルな話、何ぼですか?ってことになります。『おう、毎週、マッサージに行って一年間使う額と比べると・・・・・』と納得させようといろいろと頭の中でシュミレーションします。(一気に買える額じゃないですが・・・・)

⑤今すぐ行動しなくてはならない理由を見つける


すかさずここでさっきの感じのいい店員さんが注文してくれれば、××をつけます。支払いも●●回払いまで可能。マッサージ中にますますリラックスしてもらえるようにメグリズム1か月分、リラックス効果のあるCDもプレゼントします。ただし今週中に私に注文してくれたら!!などと追い込まれた・・・やばいやばい。試したのが空港で良かった・・・・。という感じでしょうか。

ガーーーンこの買い物失敗!?


そういうことを感じることってありますよね?特に高い買い物をした時とか(今まさにあるものを買ってそういう状況です・・・・ううう)
そいうときはいちいち落ち込まず、どういう心理の流れで自分がその高い買い物をしてしまったか考えると
これから自分が売るときにも買うときにも、いろいろな示唆を与えてくれるはずです!!

このことによって二度と同じ失敗はしないはずだからこれはこれで「ヨシ!」っと思ってあきらることが出来ます。(涙)・・・・・そう思うことに決めました(笑)。

またまたダンケネディ著の『究極のマーケティングプラン』よりの抜粋ですが
日常から【USP】について考えていることが重要でそのためにもいろいろなビジネスを見るたびにこんな自問をして見ようとのことです。

①このビジネスに【USP】はあるか?
②なければ自分がひとつ思いつけるか?
③あればさらに良いものが思いつけるか?
④自分のビジネスに「もらえる」アイデアはないか?

以上のこと、絶えず意識してみたいと思います。
【USP】に関して書いてきました。バックナンバーはこちらから。
漫画小冊子を売り上げに役立てるために~【USP】について01

それではまた次回まで。

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

同じ業種の方のマンガ小冊子をたくさん手がけさせていただくと・・・

「どんな局面にどんな役に立てるものが欲しいのか?」 毎回毎回、仕事を依頼していただいた方に

記事を読む

漫画小冊子PRO マーケティングの知識はもちろん大事。そして・・・

マンガ小冊子を作るうえでマーケティングの知識は絶対大事です。 その学びと実践は非常に楽しい

記事を読む

これからの始まるお話づくりと作画・・・その時の注意点、個人的忘備録01

現在進行中のプロジェクトは国内外に15社のグループ会社を持つ企業の漫画です。 この制作

記事を読む

マンガ小冊子PRO テッパンストーリ―

以前、漫画小冊子を作るきっかけになった三浦半島の老人ホームに住む女性との出会いなどを講演

記事を読む

リクルート向け漫画小冊子制作実況中継03

前々々回の記事のの続きです。 『行って帰るの図』の『型』(その『型』について書いた記事

記事を読む

リクルート向け漫画小冊子制作実況中継04

3回目の記事のの続きです。 今回は2つ目のステップ ニーズ・欲求を満たす場所、もの、

記事を読む

漫画小冊子PRO 鼻で笑われた日

何を伝えるべきか?誰に、どの局面で。 漫画小冊子を作る時にはソレがとっても大切です。 と

記事を読む

リクルート向け漫画小冊子制作実況中継02

前回の記事の続きです。 『行って帰るの図』の『型』(その『型』について書いた記事の一回

記事を読む

ようやくアマゾンで発売開始です。

以前ご紹介した僕が漫画版を制作させていただいたパン屋さんの本がアマゾンで購入できるようになり

記事を読む

物語の基本的構造~『行って帰る』について03

前回の記事で物語には『型』があり、それは道順のようなもの…というお話をしました。 そし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑