*

次、絶対生かす:「琥珀の夢」

fullsizeoutput_288





「琥珀の夢」
上下巻、計700ページ弱。



自分史や社史を漫画にしている
私にとってはとても参考になる
小説でした。



読んでいて


こういう事を
こう表現して描いているのか、



こういう心持を
こういうセリフで表現しているのか、



男として
こういう考え方はいいなあ、



なんて心が動く度に
ページを折っていたら
何と上下巻で約160箇所に
折り目をつけていました。



この小説は
サントリー創業者
鳥井信治郎氏の人物伝なのですが
これを読んだことで



ビールは
サントリー派ではなかったのですが、



と、いうより
むしろ別の会社を贔屓にしていたのですが
呑みの席では
プレミアムモルツを注文したり、



開発秘話が描かれている
ホワイト
サントリー角瓶
トリスウイスキー
などなどの小瓶を買って
呑んだりと



かなりのサントリー贔屓に・・・



なんとも単純な話ですが
そうなったのは
伊集院静さんの
この小説が面白いから。



物語の力を
改めて思い知りました。



折り目を付けた部分には
次に当事務所が
社史や自分史を描くときに
絶対使える
有効な道具的な部分も
沢山ありました。



しっかりと消化して
次回の作品でしっかりと使って
作品の質をさらに
上げてまいります!



あなたの
伝えたい想いを
物語に載せて。



そんなお手伝いを
させていただきたい!と
念っています。



追伸:
「号泣する講座」と言われている
城ノ石ゆかりさんの
4nessコーピング基礎講座を漫画で追体験できるのが
新刊「情しくみ」なのすが


この本と講座を全国の人々に届けたい!と
クラウドファンディングを
やっております。
是非応援してください!!


我々、絶賛パトロンさん募集中です。
↓  ↓  ↓  ↓ 
クラウドファンディングのページへGO!

書籍、アマゾンでの購入は以下より
↓  ↓  ↓  ↓ 
::::::::::::::::::

★発売となりました!!
盛り上げ行動まだまだ継続中!!
まだご覧になっていない方は是非、以下の
色々なURLにある情報を
ご覧になってください!!



【マンガでわかる
 仕事もプライベートもうまくいく
 感情のしくみ】
監修:城ノ石ゆかり 漫画:今谷鉄柱
実業之日本社刊

アマゾンからの購入はこちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓  ↓
アマゾンへGO!

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
●漫画チラシ紹介ページ
漫画
チラシサンプルを見る


●物語の道具箱まとめサイト・これであなたも物語作りのプロ!
これで物語作り、プロフィール作りが簡単!

●worksまとめページ・起業家の皆さんの奮闘記、ビジネスのヒントに!
出版中の本、キンドル本などはここから!

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

サンプル小冊子のダウンロードは以下よりどうぞ!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

物語の基本構造を掴む最高の教科書『アメリカバカ映画』

』     アメリカでは 20代から30代の 大人

記事を読む

物語の原体験

  昨日 友達が5ヶ月の赤ちゃんとともに 訪ねて来てくれました。

記事を読む

目的に向かって進めたか?

皆さんは 規則正しい生活を 送られていますか? 昨日は 好きな時間に寝て

記事を読む

「計画通りにはいかない」を気にしない

偶然を引き寄せる 計画&行動。 前を向き、 これとこれがこうなって

記事を読む

マンガライター

【マンガライター】 コンサルタント、 マーケター、セールスライターの 楠瀬健之

記事を読む

激アガリ!〜昨日の敵は今日は友〜

    創作の物語も ビジネスで使う物語も 昨日

記事を読む

「ベース」「王道」をいくつ持っているか

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 「ベース」「王道」 なるものを いくつ 持っ

記事を読む

イチローが毎朝カレーを食べて理由

ここのところ 引越しで 色々な部分で ペースが乱れています。 自分の

記事を読む

吉本芸人寛平師匠の教え

昨日の書籍の打ち合わせ。 本の内容は心理学系。 人はそれぞれ、 生きやすい

記事を読む

伝えにくいを伝える

      間口を広げる。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑