*

物語にヒダを作る



 

 

 

話にヒダを持たせる。

 

 

 

ある飲食業の会社の話。

 

 

 

創業者の父。

2代目の自分は

父がつくった店を

今の時代にマッチさせて

働く人もより豊かにするために

多店舗展開。

 

 

 

その発展の途中では

「先代は・・・」

「先代の時の味は・・・・」

といつも父と比べられる。

 

 

 

でも、悔しくて

父に反発し、もがきながら

今の会社を作って来た。

 

 

 

でも、気づけば

父が残した

・飲食店とは?

・仕事をするということは?

・・・・などという人としてのあり方が

幾度のピンチを救って来てくれた。

 

 

 

その事実を素直に受け入れられた時、

反発していた父に対して

素直に尊敬の念を抱けた・・・・。

 

 

 

なんていい話も

細心の注意を払って描かないと

つるんとした引っかかりのない物語に

なってしまいます。

 

 

 

新たにエピソードを足すことなく

この物語にしっかりとしたヒダを作るには

どうすればいいか?

 

 

 

それは細心の注意を払って

表情を描くこと。

 

 

 

話の性格上

途中、途中で

息子の父への眼差しを

描くわけですが

その時オチにが分かっているだけに

父に向ける表情を

オチ直結の優しさに満ちた表情で

描いてしまいがち。

これをやってしまうと

物語のするっと感を助長してしまうだけ。

 

 

 

その息子がどのような葛藤を

父に対して持っているか?

 

また、

 

それを周りにどう見せているか?

 

などを考えて表情を作ることで

するん!とした印象の物語に

ヒダを作れるのです。

 

 

 

そして、

ヒダができると感情の動きの振れ幅が作れ

最後の息子の父への気持ちの変化を

感動的に描けるわけです。

 

 

 

オチが和解だとしても

途中は

家族は仲良し、

夫婦は理解しあっている、

友達とは分かり合えている、

兄弟は助け合う、

なんて当たり前の前提で描くことはNG。

 

 

 

物語の流れはまっすぐ悠々と

流れているだけではダメで

その中に中洲を作ったり、

流れが速くなる部分を作ったり、

流れて来た木やゴミが引っかかる

杭があったりと

変化をつけていくわけです。

 

 

 

物語にヒダを作る。

ものすごく大事です。

 

 

 

伝えたい想いを

物語に載せて。

 

 

 

そんなお手伝いを

させていただきたい!と

念っています。

 

 

 

:::::::::::::::::::

 

ニュースレター、PR漫画、

自己紹介など

実際にどのような感じで

物語の力を活用すればいいのか?

 

 

 

個別の内容についてもっと詳しいお話を

聴きたい方は現在、都内で

定期的に無料相談会を行なっています。

お気軽にお問い合わせください。

 

当事務所の漫画家さんが

力をつけてくれたおかげで私の時間が

だいぶ取れるようになった関係で

やってみることにしました。

いつまでやるかは決まっておりませんので

ご興味のある方はお早めに。

 

 

問い合わせ先

imatetumanga◆gmail.com

◆を「@」に変えてメッセージください。

件名に「無料相談の件」とお書きください。

メールをいただいてから3営業日以内に

こちから日程をお知らせします。

 

 

 

::::::::::::::::::

 

  • これまでの仕事
キンドルにて発売中の本などはこちらより

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WORKS:まとめページ



 

  • 物語作りの型を使ってプロフィール作り、
商品開発ストーリーなどを作ることに興味のある方へ

そのあたりの記事をまとめたページを作りました。

是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://itmanga.com/post-3712/

 
  • 漫画チラシ紹介ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

漫画で名刺、チラシデザイン



 

::::::::::::::::::

 

 

追伸:

「号泣する講座」と言われている

城ノ石ゆかりさんの

4nessコーピング基礎講座を漫画で追体験できるのが

新刊「感情しくみ」。

な、なんと発売する3ヶ月経って

丸善書店、ビジネス書部門1位に再度急浮上!!!

嬉しいーーーーー!!

 

書籍、アマゾンでの購入は以下より

【マンガでわかる

仕事もプライベートもうまくいく

感情のしくみ】

監修:城ノ石ゆかり 漫画:今谷鉄柱

実業之日本社刊

 

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

サンプル小冊子のダウンロードは以下よりどうぞ!!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

シリーズ6:物語をビジネスに活かす《自分を知る質問》

★いよいよ発売日が迫ってきました!! 発売前の盛り上げ行動まだまだ継続中!! まだご

記事を読む

祈り

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」。 伝わる漫画、今谷鉄柱です。 この

記事を読む

ラインを超えて

一昨年の年末年始は 本を二冊書いていました。 約二ヶ月で二冊 320ページ

記事を読む

繰り返し読む本

      これまで何ヶ月かおきに 何

記事を読む

「混乱」と「わかりやすさ」

      「混乱」と「わかりやすさ」

記事を読む

【あるく、みる、きく】in America

中博先生に教えていただいている 【あるく、みる、きく】   &n

記事を読む

オープニング「二つの型」と第3のオープニング

  フィクションでも ビジネスストーリーでも 超大事なのは

記事を読む

スーパーマンにならなくても

※写真は新幹線の連結が解かれるとこ。  鉄道オタクではないのですが  ついつい撮って

記事を読む

【ドキュメンタリーの型】06マンガ小冊子を作るうえで欠かせない物語の肝➡大ピンチ出えた戦利品の克服

クリックしたらクリアーになります(^^) 昨日までに書いたプロフィールを魅力的にする流れで

記事を読む

知ってること教え仲間を増やす

今年は 漫画を何らかの形で 教える・・・・っていうことを やる予定です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑