*

「ドアを閉めて書け、ドアを開けて書き直せ」



 

 

 

「最初に書くのは自分のためだ」

「書き直すにあたっては

余計な言葉をすべて削ることが第一だ」

 

 

 

数々の映画化作品を生んだ

小説家スティーヴン・キングが

学生時代、新聞でスポーツの記事を

書いていた時に編集長から言われた言葉です。

 

 

 

合わせて

 

 

 

「ドアを閉めて書け、

ドアを開けて書き直せ」

 

 

 

とも言われたとのこと。

文章の出発点は自分だが

書かれた文章は

人目にさらされるということ。

 

 

 

このような点を編集長から

学んだとキングの著書

『小説作法』に書かれています。

 

 

 

 

「ドアを閉めて書け、

ドアを開けて書き直せ」

このことはものを書くときの

焦点の当て方をうまく表現しています。

 

 

 

「自分の中からもやもやとしたものを

掘り起こしていく作業」

 

がまずあり、次に

 

「出来上がったものを冷静に

第三者の目で見て修正していく」

 

それを何度も繰り返すことが

ものを作る流れのなかでやっていること。

 

 

 

「ドアを閉めて書け、

ドアを開けて書き直せ」

 

 

 

アイデアを形にする時の

主観、客観の繰り返しを

うまく言い表している言葉でもあります。

 

 

「ドアを閉めて書け、

ドアを開けて書き直せ」

 

 

それを納得いくまで・・・

もしくは

時間の許すだけ

繰り返す。

 

 

 

お客様の作品がいいものになるように。

 

 

 

伝えたい想いを

物語に載せて。

 

 

 

そんなお手伝いを

させていただきたい!と

念っています。

 

 

 

:::::::::::::::::::

:::::::::::::::::: :

 

  • これまでの仕事
キンドルにて発売中の本などはこちらより

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WORKS:まとめページ



 

  • 物語作りの型を使ってプロフィール作り、
商品開発ストーリーなどを作ることに興味のある方へ

そのあたりの記事をまとめたページを作りました。

是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://itmanga.com/post-3712/

 
  • 漫画チラシ紹介ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

漫画で名刺、チラシデザイン



 

::::::::::::::::::

 

 

追伸:

「号泣する講座」と言われている

城ノ石ゆかりさんの

4nessコーピング基礎講座を漫画で追体験できるのが

新刊「感情しくみ」。

な、なんと発売する3ヶ月経って

丸善書店、ビジネス書部門1位に再度急浮上!!!

嬉しいーーーーー!!

 

書籍、アマゾンでの購入は以下より

【マンガでわかる

仕事もプライベートもうまくいく

感情のしくみ】

監修:城ノ石ゆかり 漫画:今谷鉄柱

実業之日本社刊

 

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

サンプル小冊子のダウンロードは以下よりどうぞ!!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

経営者の方とガチンコの一年、始まる!

現在、ニュースレター、 そして、創業者の方の 想いを連載形式で伝える 漫画の制作も請け

記事を読む

幾つになっても変化する

    いくつもなっても変化を続ける。  

記事を読む

物語がビジネスでできること&必要な前提

  そもそもの話・・・・・・。    

記事を読む

どんな目的でも物語が利用できる訳

      現在同時進行で進んでいる仕事が

記事を読む

繰り返し伝えろ!

        誰もが

記事を読む

「感情を描く」ってなんや?

      漫画を作るとき、 大きく分

記事を読む

終わり良ければ全て良し!?

  物語の最後をどうするか?    

記事を読む

馬鹿な僕の誤解

こんにちは。 「わかりにくい」を「わかりやすく」, 伝わる漫画、今谷鉄柱です。 以前、僕

記事を読む

売れる!説明不要の秘密

      上手に要素構成すれば 説明

記事を読む

物語作りの道具箱

物語作りの道具箱です。 色々参考にしてください。 ●物語をビジネスに活用する方法

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑