*

徹底的にインタビューすること

漫画小冊子PRO-0050

今、取り組んでいる仕事で改めて発見をしました。

どなたかのコンテンツ、サービスを漫画小冊子にする場合、一番大事なのが・・・・・・・・・・

どのくらい深く、何度もインタビューをするか


です。
当たり前のことですが、インタビューをするたびにとりあえず前提としていた物語の奥にあるもっと感動的なエピソードやシーンが聞き出せることがあります。

ある20代の若者が1億円の借金を作り、自殺も考えるが何とか踏みとどまり、再起を誓う。そしてやっとの思いであるチャンスの種を掴む。

そこから死にもの狂いで働き3年で借金を返済してしまう。

・・・・と語られているのはここまで。しかし、

その陰には・・・


チャンスをつかんだ次の日の朝、幼馴染をファミレスに呼び出す。
二人は金もないのでドリンクバーだけ。
そこで封筒に入ったなけなしの数万円を差し出し、また手伝ってくれ!とたのみ、その掴んだチャンスについて熱く語りだす。
その熱意と友情から先の見えない友人の事業に幼馴染は飛び込んでいく。

今の二人はともに会社を大きくしながら働いている。

その二人の再起へのスタートの瞬間のシーン。

前回の記事でも書きましたが、まず何を伝えるかを決めます。そのうえで、それをより感動的にまた、面白くするかはどうシーンを構築していくかにかかっています。

こんなシーンがあると無いとでは大きな違いがあると思います。
こんなエピソードを聞けて良かった・・・・・・。

流れをすべて把握して


これまでの事業展開、人生の流れをお聞きして把握して、その上で初めて聞き出せるエピソードがあります。
やはりその対象者の方とどれだけ、なあなあではなく、かつ親密になれるか・・・・この一点に作品の出来はかかってくるのだと思います。
ギリギリまで粘って粘ってお話を聞いていこう!
そんな事を改めて肝に銘じている今日この頃です。

では、また次回・・・・・・。

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

気づいていない価値に気付く力

  あるサロン経営者のお友達が 言っていた言葉。  

記事を読む

あなたのプロフィールをもっと魅力的にする【ドキュメンタリーの型】04マンガ小冊子PRO

ドキュメンタリーの型 それはだいたいこんな感じです。 ◆今、どんな状態か。 ◆

記事を読む

マンガ小冊子を作るうえで欠かせぬこと。堅苦しい話・・・。

お前はどこまで本気なんだ? 漫画小冊子一番の失敗ポイント。 それはただ聞いた話を絵と文章で順

記事を読む

これ大事!と思ってること。

最近は PR用漫画小冊子、 商品説明用漫画小冊子、 社史、会社紹介用漫画小冊子 など

記事を読む

小さなステップに分けていくと・・・・

写真は鹿児島に行った時に乗った 木のぬくもりに満ちた車内が特徴の 「特急 はやとの風」で

記事を読む

戦後を生きた人の話

前回の記事の続きです。前回の記事はこちらから 1946年戦後のインフレの中、 新円切

記事を読む

あなたのプロフィールをもっと魅力的にする【ドキュメンタリーの型】02マンガ小冊子PRO

昨日は『あなたのプロフィールをもっと魅力的にする』 という目的で『ドキュメンタリーの型』を

記事を読む

記録

なにか成し遂げてるの人の共通点 漫画小冊子の取材で いろいろな名を成した方、今成しつ

記事を読む

1対多を実現するには?

  1対多 ・・・・こういう展開がものすごく苦手。  

記事を読む

思い立ったが最後のチャンス

本日も終日机にへばりつき 漫画チラシと 社史漫画の構成。 社長さんだけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑