*

超私的なこと:今後の展開

公開日: : 日々の事



 

 

 

現状の課題。

 

 

 

現在は

数千万円〜数十億の企業様の

社史、創業者の方の自分史をなどを

漫画で制作。

そして、

2代目、3代目おの経営者様からの

会社の理念共有のためにというご依頼での漫画制作。

 

 

 

この事業が現在

全て紹介でお仕事をいただいています。

大変ありがたいことです。

感謝しかありません

 

 

 

・・・・・・・・が、

 

 

 

紹介はコントロールできぬもの。

読めない・・・という恐怖があります。

 

 

重なって受けれらないことや

ビックリするくらいの期間、お声がかからぬことも^^

 

まあ、超有名人とか人気者であれば

紹介も

コントロールができるのかもしれませんが・・・

 

 

 

ということで現在は

紹介以外でお客様と出会う道を作る!

という課題に取り組んでいます。

 

 

 

あとは

現在、企業様に提供している

会社や創業者の方の

これまでの歴史を聞き

そこからキラーストーリーを開発する

お客様、スタッフの方々との絆を作る手法を

サービスの一つとしてプログラム化して提供する、

という取り組みもやっております。

 

 

 

色々な方の

人となり、想いが

お客様に届くお手伝いを猛烈にしたいのです。

 

 

 

そして何より一番やりたい仕事。

「お仕事ジャングル」

色々な方の稼ぎ方、生き方を

取材して人間の生き方のサンプルを

ガンガン世に出していきたい・・・と

思っております。

 

 

 

ここではドキュメンタリーあり、

フィクションありで

私自身が「面白い!」と感じた人を

紹介していくつもりです。

 

 

 

生き方のサンプルがたくさんあればあるだけ

人生の選択肢が増えると思うのです。

 

 

 

で、

「この人と会いたい!」

「この人の話が聞きた!」

 

なんて希望をガンガン叶えちゃう!

そんな場を「お仕事ジャングル」って企画を通して

作りたいのです。

 

 

 

そのためにこのブログ&新たなブログを

読んでくださる人数を増やすため

様々な取り組みをしていきます。

事業別にしっかりとしたサイトも

作りたい!

 

 

 

その過程はまた忘備録として

ここに記載します。

 

 

 

伝えたい想いを

物語に載せて。

 

 

 

そんなお手伝いを

させていただきたい!と

念っています。

 

 

 

:::::::::::::::::::

:::::::::::::::::: :

 

  • これまでの仕事
キンドルにて発売中の本などはこちらより

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WORKS:まとめページ



 

  • 物語作りの型について、
商品開発ストーリーなどを作ることに興味のある方へ

そのあたりの記事をまとめたページを作りました。

是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://itmanga.com/post-3712/

 
  • 漫画チラシ紹介ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

漫画で名刺、チラシデザイン



 

::::::::::::::::::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※18年8月29日現在

サンプルのダウンロードができなくなっています。ご迷惑おかけします。

近日中に復活の予定です。

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。

関連記事

感覚よりも数字化

数字を明確にすることは なんとな〜〜〜く いやな感じがします。 感覚と

記事を読む

日報実践者インタビューin山口

山口に行ってきました。 山口市は 人口19万人。 その街で

記事を読む

物語と人生のリンク

昨日に続き今回も 物語と人生のリンクの話。 最近仕事を進めながらも 頭の中

記事を読む

居心地の悪い人と一緒にいる時間

誤解される言い方かもしれませんが 尊敬しすぎて一緒にいると 《居心地が悪くてしょ

記事を読む

日常が冒険になる方法

昨日は 面談と 電話にて アポを決める はたまた 資料を送る約束を取り付ける。

記事を読む

時間は未来から流れてくる ・・・・とかいう例のアレについて

Sankei Biz様で 新刊、【マンガでわかる     仕事もプライベートもうまくいく

記事を読む

想いを届ける

未知の世界を垣間見たり、 自分の視界の外の世界が 目に入る! それが可能に

記事を読む

新人賞受賞者インタビュー

以前アドバイスをして 九月に漫画の新人賞を 受賞した方と話してきました。

記事を読む

勝手に感じた「雰囲気」「流れ」に一喜一憂しない

状況によって 一喜一憂するのは仕方ないこと。 でも、その 一喜一憂している

記事を読む

人を操る

  以前ブログで 物語の構造を図にしたものを お見せしました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

     
サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
  • サンプル小冊子をダウンロードいただけます。
PAGE TOP ↑